不動産屋での賃貸物件の探し方!訪問前にするべきこと


いつから新しい賃貸物件に住むのか明確にしておく

賃貸物件を探すときは、賃貸情報誌やインターネットで情報を集める以外にも、不動産屋へ直接足を運び、取り扱いしている物件を紹介してもらうことも可能です。不動産屋で賃貸物件を探す際は注意点もあります。スムーズに最適な空いている部屋を紹介してもらえるように、いつから賃貸物件に入居するのかを明確に決めておきましょう。入居時期があいまいですと、不動産屋の担当者も対応に困ることもあります。「2ヶ月後に住む」といったふうに、具体的な入居希望日を伝えられるようにしておきましょう。

賃貸物件の希望条件を決めてから訪問する

不動産屋の店頭では、担当者が部屋の希望条件を聞いたり、どんな物件に住みたいかや目的などのアンケート調査に記入する場合もあります。店頭で具体的な賃貸物件の条件をうまく伝えられなければ、良い部屋を紹介してもらうことはできません。ですから、賃貸物件の希望条件はあらかじめ明確に決めておきましょう。条件が決まったら忘れないように、メモをして持参して行くのも良い案です。どんな条件を決めておくかというと、住みたいエリアや家賃、築年数や日当たりなどです。そして、譲れない条件を担当者に先に伝えることで、お互いに無駄が省けます。

不動産屋へ行くときのベストな格好

不動産屋へ訪問した日にお気に入りの賃貸物件を探せたら、その日に下見に行ける場合もあります。ですから、靴は脱ぎやすいもので行くとよいでしょう。そして、服装は清潔感があって、良い印象を与えられるものを着用していくのが良いです。お気に入りの部屋が見つかっても、物件の契約時には審査があります。この人に部屋を貸しても大丈夫と思われるように、服装にも気を使って不動産屋に訪問するようにしましょう。

苫小牧の賃貸で引っ越す場合、4月は引っ越しの多い時期なのでその前の1月、2月の時期が穴場となっています。