住宅ローンで注文住宅を購入するときにつなぎ融資は必要なのか?


つなぎ融資は住宅ローンと同時に申し込むのが一般的

注文住宅を購入するときにほとんどの人が申し込むことになる住宅ローンは、住宅が完成して引き渡されるときに融資が実行されます。しかし、注文住宅が完成するまでの過程では、土地の購入費用や着工金、中間金などさまざまな代金の支払いが発生します。つなぎ融資とは、完成した住宅の引き渡しの前までに発生する代金の支払いに対処するために行われるもので、住宅ローンの申し込みをするときに一緒に申し込むことになります。審査も住宅ローンの正式審査と並行して行われるのが一般的で、代金の支払いがある度に融資が実行され、住宅ローンの融資が行われるときにつなぎ融資による借入金を一括で返済します。

購入資金を用意できるのであればつなぎ融資は不要

注文住宅購入のために住宅ローンを組む人は、ほとんどがつなぎ融資の申し込みもします。その理由は、購入に必要な多額の資金を自己で賄うのが極めて難しいためです。しかし、見方を変えれば、自己資金で住宅完成までの間に発生する費用の支払いが一部でもできる見込みがあれば、その部分のつなぎ融資は不要になるともいえます。代表的な例は、親族などから譲渡を受けた土地の上にオーダーした住宅を建てる場合で、購入費用において土地の分を考える必要がなくなるため、自ずと土地の購入代金のつなぎ融資も不要になります。また、貯めているお金が相当ないと難しいためケースは少ないですが、着工金や中間金についても建設業者との契約内容によっては現金で賄うことが可能となるため、つなぎ融資をせずに済む場合があります。

福岡の注文住宅には庭付きの住宅も多く用意されているので、ちょっとした自家栽培やガーデニングなどにも活用することができます。