知ってて損はない?!賃貸住宅の賢い選び方


周辺環境をチェックしよう

賃貸住宅を選ぶときには、周辺環境をチェックして選ぶようにしましょう。自分自身が快適だと思う場所を選べば生活も豊かになり、住みやすい環境になります。入居前には必ず現地まで足を運んで、どんなところなのかチェックしてから契約を結びましょう。生活する上で欠かせないスーパーやコンビニは歩いて行ける場所にあるのか、病院や役所などの施設は周囲にあるのかを確認します。自分の生活パターンなども考えて、必要だと思う施設が揃っているところを選ぶことが大切です。

周辺環境を確認するときには、通学や通勤ルートも見ておきましょう。賃貸住宅からどのようなルートで学校や職場に行くのか調べて、所要時間も知っておきます。実際に住んだらどのように通うことになるのか考えて、物件を決めましょう。

収入に見合った家賃の物件を選ぶ

賃貸住宅を探すときには、家賃のことも考えなければいけません。毎月無理なく家賃を支払うためにも、自分の収入に見合った物件を選ぶことが重要です。家賃の目安は手取りの3分の1程度で、それ以上の金額にならないように注意しましょう。3分の1に抑えておけば生活費にも余裕が出来ますし、自分の趣味にお金を使うことも夢ではありません。自分の収入からおおよその家賃を割り出して、その金額に収まる物件を探します。不動産会社などにはあらかじめ収入から割り出した予算を伝えておけば、スムーズに賃貸住宅を見つけられます。気に入った物件が予算オーバーの可能性があるときには値下げ交渉もしてみて、無理なく払える金額にして貰うのも一つの手です。

江別の賃貸物件の最寄り駅の周辺には、食材や生活用品などの購入ができる小売店やスーパーがあります。バスなどの公共交通を利用することができるので、移動に不便さを感じませんが、マイカーがあるとより便利です。