北海道の賃貸物件を探している人必見!北海道ならではの特徴とは!


家賃相場が低い傾向にありお得な物件が多い!

転勤や単身赴任、大学への進学などで北海道の賃貸物件を探している人もいるのではないでしょうか。そうした人の中には、北海道の賃貸の特徴を知りたいという人もいるかと思います。北海道の賃貸の特徴としてはまず、ほとんどの地域で家賃水準が低い傾向にあるという点があります。特筆すべきは札幌圏の家賃の安さで、全国の100万都市の中でも極めて安い水準といわれています。市の中心部である中央区でも平均家賃水準は約6万円、ワンルームであれば4万円未満で借りられる所も珍しくありません。加えて、敷金・礼金無料や更新料なしの物件も少なくなく、住むところにかけるお金を節約できる可能性も高いです。

窓が二重になっていることがほとんどで色々安心!

また、北海道の賃貸物件は二重窓になっていることがほとんどです。冬の厳しい寒さに耐えるためというのが大きな理由で、エリアによっては三重窓になっている所も少なくありません。寒さ対策としても安心できますが、防犯面から見ても二重窓は優れているといえます。二重窓であれば破るのに時間がかかるため、その間に諦めてしまうことも少なくないようです。

注意すべき特徴とは!

反面、注意しなければならない特徴というのもあります。まず、エアコン付きの物件が比較的少ないという点です。北海道はそれほど夏の暑さが厳しくないとされ、古い賃貸物件の多くにはエアコンが付いていません。最近は北海道でも蒸し暑い日が続くことも多くなってきたので、暑がりの人は要注意です。また、冬の水道管の凍結にも注意しましょう。水道が使えなくなってしまうだけでなく近隣住民の迷惑になってしまいます。そして、水道凍結は入居者責任になることがほとんどなので、水抜きなどの対処を忘れず行いましょう。

冬の寒さが厳しい北海道では賃貸物件を選ぶ際に暖房費も考慮する必要がありますが、札幌の東区では降雪量は平均的で気温もそこまで低くはありません。札幌東区の賃貸物件選びに暖房費は重視しなくて良いでしょう。