子供がいる方はクッションフロアの賃貸住宅が最適!


防音性が高いのがメリット

小さい子供がいる場合、子育てをしやすい部屋を吟味して選びたいものですよね。実は、床がクッションフロアの部屋は子育ての負担を減らせると人気を集めているのです。そもそもクッションフロアというのは、塩化ビニール素材のシートでできた床材のことです。小さい子どもが家にいると、走りまわったり大きな声で喋ったりするので階下に音が響かないか心配になってしまいますよね。その点、クッションフロアならばクッション性が高いために、フローリングと比べて大きな音が下の階に響きにくいです。そのため、おもちゃを落としたり、思いっきり遊んだりしても騒音の原因になることがありません。

掃除がしやすいのが魅力

小さい子供がいると、外で遊んで泥だらけになってリビングルームが汚れてしまうケースが少なくありません。また、ご飯を食べている時でも、飲み物やおかずを床に誤ってこぼすリスクが高いです。しかしながら、クッションフロアはビニール素材でできている上に凹凸があまりないので、布巾などで拭き取れば簡単に汚れを取り除けますよ。汚れがついてもシミになる心配もないので、日々の掃除のストレスを減らせます。子育て中の方にとって、クッションフロアの部屋は強い味方といえるでしょう。

転んでも怪我をしにくい

小さい子供は部屋中を駆け回ることが多く、転んで怪我をする心配もありますよね。しかし、クッションフロアは非常にクッション性が高いために、通常のフローリングよりも柔らかいです。したがって、歩いている時に子供が転んだとしても衝撃が少なく、怪我に繋がるリスクを軽減できますよ。

室蘭の賃貸ではディスポーザー付きの物件が増えていて、生ゴミのニオイから解放され、ゴミ捨ての必要もないということで人気です。