賃貸オフィスを選択するメリットは何?特徴を3つ紹介


初期投資を少なく済ませることができる

起業をするときに困るのがオフィスの確保です。拠点となる事務所がないと打ち合わせをしたり、仕事に必要なものを1点にまとめておいたりすることができません。そんなときにオススメなのが賃貸オフィスです。借りるタイプの事務所を使うメリット1つ目は、初期費用を安く済ませられること。事務所を建設するとなるとそれなりに費用が必要になります。会社の立ち上げ時はさまざまな出費がありますが、ここに設備投資まで重なると初期投資が大きすぎます。賃貸オフィスであれば、月々の少ない支払いで済ませることができます。

事業によって大きさを変えられる

事業を始めると、売上や仕事内容に応じて事務所の拡大縮小を検討することになります。こんなときにも賃貸であれば移動が楽になります。事業の拡大をしたいのでもっと大きな事務所にしたり、オンライン化が進んできたので事務所を統合したいなど、ビジネス環境を昨今の働き方の変化に応じて変更することも、賃貸オフィスであればやりやすくなります。事業を始めたときに、今後拡大の計画、オンライン化の計画があるのであれば、大きな事務所を建設してしまうよりも身動きしやすいメリットがあります。

立地条件の良い物件が確保しやすい

大都市圏において、新しい事務所の建設となると莫大な費用がかかります。駅に近い物件であれば、金額が億単位になります。賃貸物件は、駅に近いエリアに数多くあり、費用面でも建設するより遥かに安く済みます。仕事のしやすさ、職場の周辺環境の良いところを選択したほうが仕事の能率が上がります。ただし、事務所を建設するのとは異なり、賃料を支払い続けても、将来そのオフィスが資産になることはないのがデメリットです。

中央区で賃貸オフィスを管理している会社は、ITや通販、小売といった様々な業界の間で関心が集まっています。