デザインと収納性にこだわった家づくり!注文住宅の正しい選び方


庭に面するガレージのデザイン

美しい庭のある家で暮らすために注文住宅を建築するのなら、庭に面するガレージや駐車場の見た目にこだわりを持ってください。自然に囲まれた庭をデザインしたつもりでも、近くにガレージがあるだけで人工物が視界に入ってしまい、美しい庭の見た目が台無しになりかねません。庭にガレージを配置する際に壁面緑化でガレージの外観を変えるだけで、庭のイメージを大きく変えられます。自然の中に人工物があるような感覚もなくなり、デザインに統一性を出せるのがガレージの壁面緑化を行う利点です。

床下も収納スペースとして使える

住宅を建築する予定の土地が狭いので収納スペースが不足しないか心配で、注文住宅の間取りを決められずに困っているのなら床下のスペースも活用してください。床下収納をいくつも用意することで、季節物の家電などを収納するスペースを確保できます。気密性で優れる床下収納も作れて、衣類を収納するための場所としても使えます。床の構造にこだわることで1階だけでなく2階にも床下収納を用意できるので、収納スペースの作り方を考える際には床下の活用法も考えてください。

ロフトも収納スペースになる

部屋数が少ない家にならないように注文住宅の間取りを工夫したい時には、ロフトを小さな部屋として扱ってください。趣味で集めたアイテムを収納するためのスペースとして、ロフトを活用する人も増えています。高さが1メートルほどのロフトでも小さな棚は配置できて、書物やプラモデルなどのアイテムを収納するスペースとして使えます。子供が勉強に意識を集中するための場所としてもロフトは便利でおすすめです。

大阪の注文住宅は大都市の地価の高さや土地の狭さを、経験豊富な設計士の優れた設計技術やコストと質を両立させる工夫で補っています。そうした施工会社が切磋琢磨して顧客ニーズに応じた住宅を作っています。