家族構成で考える間取りとは?生活の変化を見据えた家づくりのポイント


注文住宅は将来を考えた理想的な間取りで

一人暮らしと大家族では、必要な家の広さも間取りも大きく異なりますよね。快適な家を建てるには、まずは家族構成にあわせた間取りを考える必要があります。また、人は成長し年をとるため家族構成も生活も変化し、それによって暮らしやすい間取りも変化します。注文住宅は設計の自由度が魅力ですが、一度建てた家なら長く住みたいものですから、将来を見据えた間取りはとても大切です。

家族構成で考える注文住宅の間取り

まだ子供がいない夫婦なら、将来何人子供が欲しいか、それぞれに部屋を与えるか共用の子供部屋を作るかで、間取りは大きく変わります。子供が成長した時のことを考えるとプライバシーを守れる空間があったほうが暮らしやすいですし、想定よりも子供が増えることもあるので、部屋を仕切ってそれぞれの部屋として使える間取りにしておくと便利です。また、子育て世代では子供の様子を見やすいリビング向きのキッチンや、家族がコミュニケーションを取りやすい動線も意識したいポイントです。

シニア世代と同居する場合は、若い世代との違いに配慮がある間取りが必要です。足腰に負担がある階段での移動が不要な一階に寝室を作り、夜間にトイレに行っても気をつかわないような間取りが便利です。車椅子を使うことを考えて、廊下を広めにしておくのもいいでしょう。

将来の変化と家族の希望を考える

年月がたてば、子供が成長して家を出て行き、同居する親が亡くなることも考えられます。そういった変化によって空いた部屋をどうするのか、設計の段階で想定しておくと将来役に立つでしょう。また、親との将来的な同居を考えて家を建てたのに同居を断られたという話もあるので、家族の意思を確認するという大前提は忘れないようにしてください。

名古屋の注文住宅には、収納スペースが豊富なものや店舗が併設されたもの、星空が見えるように屋上に庭園があるものなどがあります。