優先すべき条件は住む地域の事情も考慮!?賃貸住宅選びのポイント


賃貸物件を選ぶ際の基準となる条件は?

進学や就職などで新しい生活が始まると、新しい住まいを決めることが最初の課題になります。引っ越し費用の他にも、賃貸物件の契約には敷金や礼金などが必要なケースが多いので、住み始めてから後悔しないためにも自分が優先すべき条件を明確にしておくことが必要です。物件を選ぶ際に基準になるものの1つに駅からの距離がありますが、これは自身の主な交通手段が何かによっても優先度が変わります。駅近は電車をよく利用する人には便利な立地条件ですが、マイカーを多く使用する人にとっては渋滞に巻き込まれる可能性も出てきます。また、駅付近は夜でも明るくて夜道も安全だと考えるかもしれませんが、地域によっては治安が悪くなっていることも考えられるので十分に確認しておきましょう。その他の基準としてはセキュリティ面も重視すべきです。その物件の鍵の種類やインターホン、防犯カメラの有無を確認する以外にも、周辺での犯罪件数や最寄りの交番の位置なども調べておくと良いでしょう。

寒い地域ならではの優先事項は?

賃貸物件選びの基準となる条件は住む地域によっても変わります。冬の寒さが厳しい北海道などでは暖房費のことも考えて決める必要があります。暖房効果の高いガス暖房は灯油よりも費用が高くなり、特にプロパンガスは都市ガスよりも高くなる傾向があります。家賃自体は安くても、使用するガスの種類などによって1か月の出費額が他の物件よりも高くなることがあるため、北海道などの寒い地域で賃貸物件を借りる際にはこうした点も考慮すると良いでしょう。

北見の賃貸にはオートロックやモニター付きインターホンなどセキュリティ対策が万全な物件も多いので不安な方も安心できるはずです。