注文住宅はどこに依頼して建てるのが良いのか


大手住宅メーカーのメリット

注文住宅を建てるためには、建物の建築を業者に依頼する必要がありますが、その際に候補となるのは大手の住宅メーカーや地場の工務店などです。それぞれにメリットが異なりますので、施主のニーズに見合ったところを選ぶのが、理想の家づくりを行うためには重要なポイントとなるでしょう。この点、大手の住宅メーカーのメリットとしてまず挙げられるのは、建物のクオリティが安定しているという点です。建材一つをとっても、厳しい社内基準を満たしたものしか使えないようになっているので、出来上がった後で欠陥が見つかる可能性は比較的低いと言えるでしょう。また、財務体質が強固なところがほとんどなので、長期にわたるアフターメンテナンスを安心して任せられるというのも、大手に任せるメリットであると言えます。

地場の工務店のメリット

地場の工務店に頼んで注文住宅を建ててもらうことのメリットは、何といっても、施主の希望に合わせて柔軟な家づくりを行ってもらえるという点にあります。例えば、施主が希望すれば、大手の住宅メーカーでは取り扱っていないような住宅設備を導入してもらえる可能性が高いですし、間取りの設計も法令に反しない限りは大抵の要望に応じてもらえます。そのため、なるべく自由な家づくりをしたいのであれば、工務店に頼むというのも有力な選択肢になるでしょう。また、建築費用が比較的リーズナブルな水準であるというのも、工務店のメリットですので、建築費を抑えたいと考えている方にはおすすめです。

2000万の家は土地代を含めると、現実的ではないと感じますが、立地条件、間取り、付帯工事費用などを見直すことで建てることが出来ます。